実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果的だといわ

実はインフルエンザの予防ために乳酸菌が効果的だといわれています。およそ1年前に、テレビで乳酸菌が豊富なヨーグルトを子供に食べさせたところ、インフルエンザに罹る子供が大きく減ったというテレビプログラムを見ました。
私の子供が受験の時期だったので、それ以降、ずっとヨーグルトを食べさせています。
乳酸菌が腸までたどり着くタイプのヨーグルトが断然いいそうです。私の子供がアトピーだと医者からいわれたのは、2歳を迎えた頃です。
膝の裏がかゆいと動作で訴えていたので、診断を受けた皮膚科の医者からはステロイドを処方されました。2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみや皮膚の赤みが収まってはまた発生してと繰り返し、まったく良くなってくれませんでした。
そのため、ステロイド剤を漢方薬の投与に変更し、食事の見直しも行ってみたら、小学生になる頃には、症状はすっかり落ち着きました。
アトピー性皮膚炎を患っている方の角質層はセラミドという成分が通常の皮膚よりも減っていて、肌の水分を保つ力や守る役割が下がっています。
これを補足して健康に近づけるには、保湿することがとても大事です。それ故に、お肌の表面を保護して、保湿剤を使う事が必要なのです。私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、真っ先に頭に浮かぶのはビオフェルミンです。
まだまだ子供だった頃から知られていたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、変わることなく私のお腹を守ってくれていました。
CMでは「人には人の乳酸菌」と伝えていますが、私にとっては効果がある乳酸菌サプリとはビオフェルミンとなります。アトピーを改善させるには食べ物も有効です。アトピーに効果的な食事にすることで健康的な肌へ変わっていくことができるでしょう。胃腸などの消化器官を調整して免疫力を高くする成分としてヨーグルトや大豆食品を代表する食品などをできるだけ、バランスよく食べるとアトピーの治療に効果的です。
この数年、乳酸菌がアトピーに効くことが判明してきました。引き起こすものはいろいろありますが、毎日のストレスや偏食などによって原因となることもあります。
アトピー患者の大体は腸内環境が整っていないため、乳酸菌のパワーで腸内の調子をを整えることがアトピー克服への第一歩となるでしょう。
なぜ私が便秘になったのかというと、運動不足にあるのだと思います。会社へは毎日車で通っているので、ほとんど歩く事もありません。
犬でもいれば違うのでしょうがいないので、散歩にもなかなか行きません。
そういった理由で、私は便秘なのでしょう。でも便秘を少しでも軽くするため、ウォーキングをすることにしました。
アトピーは乳酸菌の性質により、よくなるかもといわれています。腸内に進入したアレルギーの原因物質には、IgEという名の抗体が発生します。
ただ、このIgEがたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応となり、アレルギーを発生させることになるのです。
これがアトピーの原因であるとされており、乳酸菌には、IgEの発生を抑える働きがあるのです。
運動不足は筋肉の衰退していくだけでなく、体調不良も引き起こします。
中でも女性に多く症状が見られるのは便秘なのです。
運動不足を解消しようと、会社へ行く時にエレベーターの代わりに階段を使ったり、食事の時に食物繊維を多く含んだ食品を増やしたりするのが推薦します。
後、可能なら、便秘にならないようにするため、、週に1、2回はウォーキングにでかけたり、好きな運動をして体を動かした方が良いです。ここのところの研究でインフルエンザ予防に対して乳酸菌がかなり有効だということが分かり始めてきました。
実際、インフルエンザというのはワクチンだけで完璧に防ぐことは出来ません。
日頃から乳酸菌をしっかり取り入れることで免疫力が高くなって、インフルエンザ予防になったり、軽い症状にする効果が高まるわけですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です