母は深刻なアトピーです。

母は深刻なアトピーです。
どうやら遺伝していたみたいで。
私も同じくアトピーになってしまいました。皮膚がボロボロになってしまって、日々の保湿ケアが欠かせません。ケアを欠かしてしまうと、外出も厳しいのです。
母を責めるわけではないのですが、もしかして、子供にも遺伝するかもしれない思うと、恐ろしくなります。
私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、最近は少しずつ改善されてきています。
改善できたポイントは、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。
友人がこの方法で、便秘を解消したという話を聞いて、私もやってみようと思ってヨーグルトを買いこんで毎日実行したのです。
毎日食べているうちに、改善されてきて、便秘で悩むこともなくなりました。
乳酸菌が身体や腸のために良いというのはみんな理解しています。
しかし、乳酸菌は胃酸にやられるので、せっかく食べても胃で死滅して効果が出ないのではという疑いを持つひともいます。
実際は乳酸菌が生きてるとか死んでるとか関係なく食べるだけで腸内の免疫機能が上って、ひいては体の健康増進になってくれるのです。
そもそも、インフルエンザは風邪と異質なものという説があります。
症状は1日から5日あたりの潜伏期間後、急な高熱となり、3日から7日程度それが続きます。
タイプによって、関節の痛み、腹痛や下痢など症状が微妙に違います。
時として、肺炎を併発したり、更に脳炎や心不全を起こすケースもあることにより、甘くは見ることはできない感染症です。
夜中に高熱になって、40℃近くまで上がって調子が悪かったので、翌日通院しました。先生はインフルエンザが検査できますよとおっしゃいました。
私も、残念ながら、インフルエンザだったら、適したお薬を接種できるので、確認したいと考えました。
便が出ない事って絶対に一生に一度は誰でも体験するものだと思います。
私も経験者の一人で、酷いと一週間便秘のまま過ごすなんてこともあります。
便秘に効果的な薬もありますが、服薬に抵抗を感じてしまうので、穏やかに効いてくれるオリゴ糖を飲んでいます。効き目が優しいのが安心ですね。よくある乳製品以外でも、含んだ食品が存在することを知り、一体乳酸菌て何だろうと調べてみました。
いろいろ探してみたら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応的なものによって乳酸を作り出す菌類のことなのだそうです。
みなさんはこの事を知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、とても驚いた事実です。
私自身にとって乳酸菌サプリと言えば、やっぱりビオフェルミンなのです。まだ小さかった頃から知られていたサプリであり、便秘や下痢やお腹が痛む時でも、変わることなく私のお腹を守ってくれていたのでした。CMで「人には人の乳酸菌」と流れていますが、私には効果が得られる乳酸菌サプリとは、ビオフェルミンとなります。
花粉症となってしまって以来、乳酸菌を取り入れるようにしました。
二年前から花粉症を発症し、ずっと鼻水がやまなくなりました。でも薬を利用するのは避けたかったので、テレビで取り上げられていた乳酸菌サプリを試しました。
現在の段階では、これにより花粉症の症状を抑えられています。
ご存知かもしれませんが、乳酸菌とビフィズス菌は乳酸を作り出すというところでは一緒なのですが、ビフィズス菌にはそれ以外にも、とにかく酢酸という菌をやっつける成分も作り出す働きがあるのだそうです。
ノロウィルスの対策に良いと言われているのでしょう。最近では、いろんな感染症についての話を聞くので、できるだけ意識しながら摂取するといいかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です