ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供

ずっと先天性のアトピー性皮膚炎を患っており、子供の頃は、「親から虐待されてるんじゃないか?」と言われる程、痛々しい姿でした。
ありったけの方法を試してみても、効果が全くなかったのに、住居を変えたところ、信じられないくらい肌がキレイになり、我慢できない痒みもなくなりました。できるなら、思い切って環境を一変させるのも、アトピーの治療に一役買うかもしれません。いわゆる乳製品でなくても、実は乳酸菌の入った食品があるとわかり、乳酸菌て何だろうと調べてみました。調べて見たら、乳酸菌ていうのは乳酸の菌じゃなくて、化学反応で乳酸を作り出す菌類をそう呼ぶのだそうです。
このことを知ってましたか?今まで30年以上生きて来て、初めて知った事実です。
アトピーの角質層はとくkにセラミドという成分が正常なときよりも減っていて、肌の水分を保つ力や守る役割が落ちています。
ここを補って健康な状態に戻すには、保湿がかなり大事です。
それ故に、お肌の表面を保護して、水分が抜けるのを防ぐ保湿剤を使用が必要なのです。
近頃は毎年のように冬になればインフルエンザが大流行しています。年々予防注射をする人数も上昇しているようですが、都市部ではかなりの人数が感染しています。感染経路は多種多様だと思いますが、公共交通機関や街中、職場など、多数と接触する場所で感染しているのではないでしょうか。
ここ最近の研究でインフルエンザの予防には乳酸菌がすごく有効だということが分かり始めてきました。
インフルエンザに関してはワクチンだけで全てを防ぎきることは出来ません。ですので、日頃から定期的に乳酸菌を摂取することで免疫力が高くなって、インフルエンザ予防になったり、症状を軽減する効果が高まります。

最近、インフルエンザに罹らないようにするためにいいといわれているものに乳酸菌があります。約1年前に、番組で小学生に乳酸菌が多く含まれているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというプログラムがありました。
私の娘が受験生でしたので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。乳酸菌が腸まで届くといわれているヨーグルトが特に効果があるそうです。
なぜ私が便秘になったのかというと、運動不足にあるのだと思います。
会社へは毎日車で通っているので、歩く事もめったにありません。犬を飼っているわけでもないので、散歩に行くようなこともないのです。
そういう生活習慣のせいで、私は便秘なのだろうと思うのです。便秘改善のためにも、今日からウォーキングを始めることにします。
ヨーグルトは便秘を解消するのに効果があるといわれますが、私が体験してみると、かなりたくさん食べないと、効果があまり感じられません。
毎日1パックぐらいは食べて、ようやく便通があるという感じです。ヨーグルトを好む人はいいですが、好きではない人も、ジャムで味を変えたりして可能な限り摂取すると効果アリです。
アトピーだと大変に苦しい症状になります。季節を問わず一年中かゆみとの闘いになります。
夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、冬場は乾燥のせいで痒みが増します。
それに、食物アレルギーもあることが多く、誤って食べてしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、酷い時には呼吸困難になる恐れもあります。
アトピーは乳酸菌の性質により、症状の改善がされる可能性があります。
アレルギーを発生させる原因物質は腸内に進入すると、IgEという名の抗体ができる働きを持ちます。しかしながら、このIgEという抗体がたくさんの数、発生してしまうことにより、過剰反応が発生してしまって、アレルギーが起こってしまうのです。これがアトピーの原因だとされているのですが、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です