この前、インフルエンザになってクリニックに

この前、インフルエンザになってクリニックに受診しに行ってきました。潜伏期間は何日くらいあるのか判然としませんが、いつかインフルエンザにかかっている人と接触してうつってしまったのだと思います。高い熱が3日続いていて大変苦しい思いをしました。
インフルエンザは高い熱が出続けるので、いつもひく風邪より大変な思いをしますね。オリゴ糖は乳酸菌の数を多くする成分として高く興味を持たれています。実際の話、オリゴ糖を加えられた乳酸菌の働きが強くなり、おなかの悪玉菌が増えるのを抑え、腸内環境を正常な状態に近づけてくれます。
乳酸菌とオリゴ糖は双方とも腸の機能改善や健康増進には必要不可欠な成分であります。内臓の調子をしっかり整えておくと肌の調子がよくなると聞いて、ヨーグルトを毎日せっせと食べていたのですが、納豆や味噌なども乳酸菌をたっぷりと含む「乳」とつくことから、てっきり乳酸菌は乳製品からしか摂取できないと思い込んでいました。
恥ずかしかったです。
夜更けに高熱が出て、40℃前後まで上がって調子が悪かったので、翌日受受診しました。
先生はインフルエンザの検査が可能ですよと教えてくれました。私も、残念ながら、インフルエンザだったら、それにあったお薬を頂けるので、検診したいと念じました。
以前より、乳製品のヨーグルトは便秘解消に効くといわれますが、私が経験したのは、かなりたくさん食べないと、効果がないような気がします。1日につき1パック位食べて、お通じがようやくあるぐらいです。ヨーグルト愛好者にはいいですが、好きではない人も、ジャムを入れたりして、可能な限り食べるようにするとよいでしょう。
乳酸菌を食べたり飲んだりすると色んな効果があります。まず、腸内にいる善玉菌を増殖させて悪玉菌を抑え、内臓の環境をいい環境へと変えていきます。
その結果として、免疫の力が向上し、多くの健康効果を実感することが出来ます。
アトピー性皮膚炎の改善にも効果的だったり、感染症を予防する働きかけがあります。乳酸菌は体全体の健康を促進する効果が高いとされています。
最近、インフルエンザに罹らないようにするためにいいといわれているものに乳酸菌があります。およそ1年前に、小学生に乳酸菌がたくさん入っているヨーグルトを食べさせたところ、インフルエンザに罹る児童が大幅に減ったというテレビプログラムを見ました。
私の娘が受験生でしたので、それ以来、ずっとヨーグルトが食卓に並んでいます。
特に乳酸菌が腸まで届くという謳い文句のヨーグルトが特に効くそうです。
アトピー性皮膚炎の治療に活用される薬は、年ごとに高い効果を得られるようになっています。
当然ながら、必ず医師の指導の下で正しく用いるということが大事です。もし、違う治療法や医薬品を試したい時には、医師や看護師の指示を受けるか、担当の医師以外の医師に意見を求めるといいでしょう。
自分の考えだけで判断することはよいことではありません。
アトピー性皮膚炎は非常に耐え難い症状が出ます。暑かろうが寒かろうが一年中痒みとの根くらべになります。
夏はどうしても汗をかくのでかゆみが増し、冬場になると今度は乾燥でかゆみが増します。その上、食べ物にもアレルギーがあることも多く、間違って食べてしまうと、痒みの症状だけで済まずに腫れたり、呼吸が困難になってしまうこともあります。
乳酸菌といえば連想されるのはカルピスです。子供のころから、よく、飲ませてもらってました。
なぜなら、乳酸菌が入っているからです。毎日お母さんが、朝食に用意してくれました。
そのために、私は便秘を経験したことがありません。
カルピスのおかげでとても身体が丈夫になりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です