インフルエンザをあらかじめ防ぐために効

インフルエンザをあらかじめ防ぐために効果的だといわれているものに乳酸菌があります。大体1年くらい前に、テレビで児童に乳酸菌が豊富なヨーグルトを食べてもらったところ、インフルエンザになる児童の数が大きく減ったという番組を見たことがあります。
娘がちょうど受験の時期だったので、以来、ずっとヨーグルトを食卓に出しています。
乳酸菌が生きて腸まで届くタイプのヨーグルトが断然いいそうです。
アトピー性皮膚炎患者の角質層はセラミドという成分が健康な状態の皮膚よりも減少していて、肌の水分を保つ力やバリア機能が減っています。
これを補足して正常な状態に近づくようにするには、保湿がかなり大事です。それ故に、お肌の表面を保護して、保湿剤を使う事が必要とされるのです。
私はとても頑固な便秘に苦労していたのですが、ちょっとずつですが、良くなってきています。
効果があった方法は、とにかく、ヨーグルトを食べるという対策でした。
友人がこの方法で、見事便秘を克服したという話を聞いて私も早速ヨーグルトをたくさん買ってとにかく食べることにしました。
この方法を続けているうちに、だんだん良くなってきて、ひどい便秘になることもなくなりました。
実はアトピーは、乳酸菌の摂取を積極的に行うと、症状の改善に役立つ可能性があるのです。アレルギーの原因物質が腸内に進入すると、IgEという名の抗体ができる働きを持ちます。
ただ、このIgEがたくさんの数作られてしまうと、体内では過剰反応を起こしてしまい、アレルギー発生につながっていきます。
ここにアトピー症状を起こす原因だといわれており、実は乳酸菌にはIgEが大量に発生することを抑制する働きがあるのです。主に1〜5歳くらいの子供が、インフルエンザ感染し、発熱してしまった後、急に意識障害や痙攣、異常行動などの症状が出るのがインフルエンザ脳症といったものです。インフルエンザ脳症とは、命にも関わる大変な疾患であり、回復の後に後遺症の残ることもまれにあります。
結構、ヨーグルトは便秘解消効果があるといわれますが、私が経験したのは、多くの量を食べないと、効果があまり感じられません。
1日に1パック位食べて、お通じがやっとあるという感じです。ヨーグルトを好む人はいいですが、好まない人も、ジャムなどを入れて、可能な限り食べるようにするとよいでしょう。
アトピーの改善方法には食べるものも重要です。
アトピー、に対して有効的な食事をこころがけることで健康的な肌へ変わっていくことができると思います。胃腸などの消化器官を調整して免疫力を良くする成分としてヨーグルトや大豆食品を代表する食品などを毎日適度に摂取するとアトピーの改善に良い方法です。
お通じが悪くなると、体の中にあってはいけないものが体外に出ないため、口臭が感じられるようになります。いくら食後に歯ブラシをし続けて、歯のすきまの掃除、洗浄液で口内をきれいに保っても、口臭は腸から胃を通過して不要なものを排出しようとし、口が臭い結果となるのです。
この時、便通が改善されると、口の臭いも自然と亡くなると言われています。
子供がアトピーだとわかったのは、2歳になったところのことでした。膝の裏にはかゆみもあると訴えたので、かゆみ止めとしてステロイドを貰いました。
2年のあいだ、ステロイドを治療に使い続けて、気をつけつつ子供の具合をみていましたが、かゆみや皮膚の赤みは一旦ひいてもまたすぐにぶり返し、まったく良くなってくれませんでした。結局、保湿剤を漢方薬に変えて、色々見直してやっと、ようやくそれらの症状も落ち着きました。元々、母はひどいアトピー持ちです。遺伝したみたいで、私も同じくアトピーになってしまいました。
皮膚がボロボロになって、日々の保湿が欠かせません。
スキンケアをきちんとしないと、外出も困難なのです。
母を憎んでも仕方ないですが、将来、私の子供にも遺伝するのではないかと思うと、悲しい気持ちになります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です