一文無しでホームレスになってしまう

破産という言葉にはよいイメージがありません。
おそらく一文無しでホームレスになってしまう、といった印象があると思います。
ここで正確に自己破産というものがどんなものなのかを知っておきましょう。

一般に自己破産というのは、債務者が裁判所へ申し立てることにより、法的手続きのもとで債務整理を行うことを指します。
では自己破産手続きを行うとどうなるのでしょうか。
破産すると債務がなくなるように受け取られているかと思いますが、実はそれだけでは完全に帳消しにはなりません。
勘違いされている人も多いのですが、裁判所で自己破産が認められた場合、申立人の財産が処分されたのちに、その財産を各債権者に全て分配し、残った債務が破産者本人の債務として残ることになるのです。

この残った債務を帳消しにするためには、「免責許可」という手続きが必要です。
そう、自己破産するだけでは借金は完全には消えないのです。
免責許可を万が一受けられなかった場合、債務が完全にはなくなりません。
免責許可申請をしても免責許可を受けられないことを「免責不許可」といい、免責不許可の理由を「免責不許可事由」といいます。
免責不許可事由には「破産法上の破産者の義務に違反した場合」または「破産者が免責申立前10年以内に免責を得ている場合」などいくつかの場合があります。
ただ最終的な判断を下すのは裁判官になります。
たとえ免責不許可事由に該当する場合でも、「裁量免責」といって、よほどひどい理由がない限り、裁判官の裁量で免責許可を受けられる場合も少なくないのです。
大切なことは、自己破産手続きを受けたとしても、免責許可を受けないと債務はなくならない、ということです。このことだけは覚えておいてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>